新しいパソコンに悪戦苦闘

今週は応援し隊の記事を書けそうにありません・・・・


メールの移行やお気に入りの移行など上手くいかないながらも
解決してなんとか移行できました。

iTunesの同期に失敗して曲のほとんどが消えた時のショックと言ったら・・
またCDをダウンロードすればいいだけの話なのでこれは追々。

あとは写真やデータの移行や細かな調整だけだと思っていたら
言語バーが消えました。

以前のパソコンに辞書ツールなどタスクバーに固定していたのですが
新しいパソコンになってすぐにそこをチェックすればよかったのにしませんでした。

気が付けば改悪と言われるWindows10 2004にアップデートしてしまったようで
ここで言語バーが出てこない事象があり、
webで調べて手順に沿って行ってみるもどうしても出てこない。

Microsoft IMEのみタスクバーに出ている・・

すると2004にアップデートすると言語バーが出なくなってしまうらしい。
やらかした・・・

元のWindows10 2020にアンインストールした方がいいのか
新しい20H2にアップデートした方がいいのか分からず困っています。

当然アンインストールするといろいろ消えてしまうようで・・・
それはそれで困る。
今までのことが水の泡になってしまう。

ちなみに我が家はパソコンが2台あり、主人のものと私のものとそれぞれ1台ずつ。

パソコンを2台に増やすにあたり自分でセットアップし
分からないことは自力で解決を条件に1台増やした経緯があるので
主人は一切手を貸してはくれません

無情だなぁとは思うものの個人の趣味で使っているパソコンのため仕方がない。

メーカーもお互い違うしね。

何とか自力で解決したい

物覚えが悪くなるこの歳で年々難しくなるパソコンの設定なんぞやるものじゃないね。


写真も大量に移行しようとしたらonedriveに勝手に入ってしまって
5GBの容量しかないものだからエラーになり一部取り込めず。

これは初期設定されていたonedriveの同期を外したので何とかなりそう。

この時に言語バーがないことに初めて気づき、今に至ります(苦笑)

正直もう疲れたから辞書ツールなくてもいいかなと思ってみたり・・・


ということで、

体調が悪かったり仕事しながらパソコンの設定などは集中力を欠いてダメですね。

休みの日1日だけではぜんぜん進まないし
メールの移行とお気に入りの移行だけで2日かかったしね(笑)

2日間でなんとかなると思った私が甘かったなぁ。

今週はあと日曜日しか休みがないのでパソコンと向き合う時間がない。

古いパソコンは20日頃に郵送しないといけないので
急がないと間に合わない。

今週は写真とデータの移行に集中するとします。


来週は応援記事が書けるようパソコン設定に集中しますのでご容赦くださいませ











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ふじさん
2020年12月13日 16:54
まっきーさん、こんばんは。
パソコンの以降お疲れ様です。
ご苦労様お察しします。
自分も2年前に入れ替えて大変でしたが、今も不便です(笑)
重いなぁとか、更新に時間がかかるなぁとか
使い勝手が悪く、最近ようやく各所に問い合わせ
PCメーカー、プロバイダー、マイクロソフトなど
どこもウチではないですよ的に主張するんですね(苦笑)
なんとか自力で改善策を模索中。

そうそう、言語バーですが、Windows2004では
検索とかコメントする時に出てきました
普段は×印があって見えないんで困りますねぇ

ではでは体調無理せず、お大事になさってください(^^)/
まっきー
2020年12月13日 21:51
ふじさん、こんばんは。
パソコンの移行ですが今日で目途がつきました。
3日くらいうまくいかず悩んで胃炎になりましたが1つ1つ解決していって昨日で大きな山を越えました。
仕事の後も夜遅くまでやってはミスの繰り返しでストレスの原因でしたね。
やっぱり夜はやるべきではなかったです。
ふじさんは各所に問い合わせをされたんですね。
エッジは使い勝手がよくないですね。
結局Google Chromeをそのまま移行しました。
これを移行したらあっというまに色々解決したんですよ(笑)
なぜかなかった言語バーも出てきましたし。
知らないうちに解決しました(笑)
あとは重い旅行の写真の移行とか細かな調整くらいです。
ご心配とお騒がせをいたしました。

ps.ヴェスターヴァルトの優勝おめでとうございます!!
ご訪問はまた改めて。