フィレンツェ旅行記~ドゥオーモのクーポラ

2日目も良いお天気でも朝は肌寒いです。


部屋の窓から見えるドゥオーモが近い近い。
IMG_9575.JPG
ホテルで朝食をいただきます。

バルコニーからもドゥオーモが見えます。
IMG_95601.jpg
正式には、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂と言います。

今日はここに登ります。

バルコニーで朝食をいただきたかったですが肌寒いので
3日間とも室内でいただきました。
IMG_95621.jpg
日中は32、33℃くらいあったでしょうか。
日差しが強いので体感温度はもっとあったかもしれません。

この日は予約していた464段のクーポラ(ドーム)に登ります。

高さ100m以上あるんですよ

ネットで予約して印刷して持って行けばOK

すでに9時の予約の方たちの行列ができていました。
IMG_91421.jpg
はぁ、463段かぁ・・・

運動不足の私にとってはとても恐怖の階段です。

最後まで登れるかどうか・・・

らせん状にぐるぐる回って階段を登っていくってきついですよね。

チケットを見せ、いざ出陣!!

すれ違うのがやっとの階段なので後続のペースが気になります。

後ろから続々登ってくるので余裕がありません。
迷惑かけないよう必死ですよ

私、すぐに膝にきました(笑)

後続が来ない時に立ち止まっては登るを繰り返します。

どうしても無理な時は若者には先に行ってもらいました。

話には聞いていましたがとにかくキツイ。

膝は痛いわ、息切れするわ。

これ、体力のある若いうちに登っておいた方がいいですよ。

年配の方は大変だと思います。

途中でクーポラ内を1週できる通路があり
天井のフレスコ画(最後の審判)をじっくり見ることができます。
IMG_91521.jpg
ここで終わりでいいのにまだまだ登ります。

こんな急な階段もあります。
IMG_91531.jpg
20分、いや25分くらいかかってやっと頂上の見晴台に到着。

ゼィハァしながら景色を眺めます。
IMG_91541.jpg
素晴らしい景色です。

ジョットの鐘楼が見えます。
IMG_91561.jpg
こちらは414段。
IMG_91681.jpg
クーポラのチケットを持っている人は72時間内であれば
ジョットの鐘楼にも登れます。

1日で両方登るのはやめておいた方が良さそうです・・・

しばし景色を眺めたら降りていきます。

間違いなく筋肉痛になることでしょう。

湿布持ってきてよかった~(笑)

サン・ジョヴァンニ洗礼堂
IMG_9307 (2).JPG
クーポラのチケットで入れます。

天国の門
IMG_92111.jpg
細かい彫刻には制作者のギベルティの自画像があります。
IMG_92101.jpg
祭壇
IMG_92061.jpg
天井のモザイク画(最後の審判)
IMG_91931.jpg
キリストが大きく描かれています。


ヨーロッパは公衆トイレがほとんどありません。

一度トイレ休憩にホテルへ戻りました。

そのあとタクシーで、ミケランジェロの丘へ。
IMG_92281.jpg
当初の予定では歩いて行くつもりでしたがタクシーにして正解。
ずっと上り坂なんですもの

タクシーですが日本のようにその辺ではつかまりませんし
手を挙げても止まりません。

ドゥオーモ広場にTAXIと書かれた看板がある場所に立っていると
タクシーがやってきます。

他にもいくつかタクシー乗り場があります。

白い車体の上にTAXIと表示のあるのが正規のタクシーです。


街が見渡せます。
IMG_9235 (2).JPG
ドゥオーモやヴェッキオ橋も見えます。
IMG_92261.jpg
これは写真だと素晴らしさが伝わらないんですよね。
IMG_92231 (2).jpg
ミケランジェロの丘から歩いてヴェッキオ橋へ向かいます。

行きはタクシーで坂を上ってきたので帰りは下りになるので歩きます。

463段登った後なので下りでもきついです。

暑さもありますから汗だくです。

あと石畳みの道なので足にくるんですよ。

本当に歩きにくいです・・・




つづく・・・













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ふじさん
2019年07月30日 07:03
まっきーさん、おはようございます。

フィレンツェの街並みや建築、いいですね。素敵です。
寄ったことがないのに、見覚えがある。
思い出してみたら、小説と映画【冷静と情熱のあいだ】(竹野内豊主演)を読んだり、観たりしたからだった(笑)

>>これは写真だと素晴らしさが伝わらないんですよね。

写真だと色彩も鮮明でなく、おそらくもっと朱色というか赤が映えるんでしょうね。視野も広角で奥行きがあって、絶景なんだと思います。

それにしても、暑さ + 階段 辛そうです。
まっきー
2019年07月30日 21:17
ふじさん、こんばんは。
イタリアを含めヨーロッパは街並が本当に素敵です。
そう!フィレンツェは竹野内豊主演の映画『冷静と情熱のあいだ』のロケ地です。
私、竹野内豊のファンだったので観ております。
ドラマ『星の金貨』でファンになりました(笑)
のりPが主演だったので今はもう再放送されないのが憎い!泣ける良いドラマなのに・・・
ドラマ『できちゃった結婚』で当時、職場の近くの教会で竹野内豊がロケをしていて目の前で見たことが思い出です(笑)
懐かしいなぁ。
おっと脱線しました(^-^;
フィレンツェの街並は屋根の色が統一されているのもあって本当に素敵です。
写真でその良さが伝わらないのが本当に残念です。

昼間は暑いのですが朝は寒いくらい。
日本のような湿気がないのでムワッとならないのが救いでした。
でも塔の中を登るのは暑くて大変でした。
今、左ひざが故障しております(苦笑)
2019年08月01日 07:05
ドゥオーモが本当に目の前のホテルですね。写真でも迫力あります。

欧州の建物でも、塔とかすごい階段を登るところが多いですよねぇ。狭い階段を反対方向の観光客の方とすれ違いながらのことも多く、体力のみならず気も使います。
それでも登った先はで素晴らしい景色を見ると報われた感じになりますね。まぁ、同じ階段を今度は降りるのかと思うと凹むこともなくはないですが。
まっきー
2019年08月01日 21:05
Yukiさん、こんばんは。
ドゥオーモは道挟んだ向かい側なので毎日眺めてました。
サグラダファミリアに登った時は途中までエレベーターだったので足にくることはなかったんですよね。
降りるときはずっと螺旋階段だったので辛かったですけど今回は途中で休む場所もほとんどなくきつかったですねぇ。
登った後は素晴らしい景色が待っているので頑張れたのもあります。
降りるときも気合がいりますね・・
欧州の建物は階段ばかりですものね。
今後こんなに階段を上がることもないと思うので良い思い出となるでしょう(笑)