バンコク旅行記~アユタヤ6大遺跡

4日目はアユタヤ遺跡のツアーに参加しました。



実は前日の夜、お布団に入ってさあ寝ようかと思った矢先、
急激にお腹が痛くなりまして・・・



これからお食事する皆さん。

どんな展開か想像できますよね。

しばらく経ってから読まれることをオススメします(苦笑)







トイレに駆け込みました

はい、気を付けていたことがとうとう・・・



お腹を下してしまいました

旅行前からビオフィルミンは飲んでいましたが・・・

この日は生ものと言えば、フルーツ、ドリンクの氷、それくらいしか思い当たらず。

持ってきていた正露丸を飲みました。

1時間半トイレを行ったきり来たり・・・

気が付けば深夜の12時近く。

ヤバイ、明日は朝7時45分から夕方16時までアユタヤ観光なのに・・・

6回ほどトイレに行って、不安ながらも眠りにつくことができました。




朝4時に目が覚めると腹痛は治まっていました。

よかった~

タイでお腹を下すとタイの薬じゃないと治らないと聞いていたので・・・

まぁ私の場合は疲れなどからくるものだったのでしょう。



6時半になりモーニングへ
画像

あまり食べるの止めようか悩みましたが普通に食事しました。

念のためサラダはパスしました。


7時45分に迎えが来てアユタヤ遺跡観光へ出発。

ワゴン車に乗り込むと私たち以外に3組の日本人が乗車していました。

私とMAKIDANは最後だったので必然的に補助席に。

約1時間半ほどでアユタヤに到着。

1つ目は ワット・ヤイ・チャイモンコン を見学。
画像

1592年にビルマの侵攻を退けて建設した高さ72mの戦勝記念の塔が有名な寺院です。
画像

上から見た景色。
画像

座仏がずらりとならんでいます。
画像

ここにはトイレがあり、料金は5THBです。


2つ目は ワット・ロカヤ・スターラーム を見学。

寺院の跡地ですがビルマ軍に破壊され跡形もない。

高さ5m全長28mの巨大寝釈迦仏が有名です。
画像

1956年に復元されたものだそうです。

頭部に植物が・・・飾りみたいになっていますね(笑)
画像



3つ目は ワット・プラ・シーサンペット を見学。

1491年に建設された王室守護寺院で現在は世界遺産となっています。
画像

残っているのは3基の仏塔のみ。
画像

3人の王の遺骨が残っています。
画像

雰囲気があってすごく好きな遺跡でした。
画像



4つ目は ワット・マハータート を見学。

1374年に建設された寺院です。
画像

40mの仏塔がありましたがビルマ軍の侵攻により破壊されました。
画像

仏像はほとんどが首を刎ねられた状態で残っています。
画像

井戸がありました。
画像

木の根に覆われた顔だけ覗かせる仏像が有名です。
画像

たしかここにもトイレがあったかな。
こちらは10THBとお高いですがきれいなトイレでした。


朝から暑かったのですがお昼近くもなると厳しい暑さです。

ガイドさんの話によると昨日は44℃で今日も44℃になるよ、とのことでした。

この時期は毎年40℃超えるの?と聞くと

今年は異常。
だいたい38℃くらいなんだけどね。


38℃でも暑いですよ・・・


もうこの辺になるとどれも同じに見えて撮影も適当になりがち・・・


5つ目は ワット・ラーチャブラナ を見学。
画像

アユタヤ第8代王であるボロムラーチャー2世王が
亡くなった2人の兄の遺骨を納めるためにこの寺院を建設しました。

クメール様式の仏塔
画像

遺体安置所であり、
1957年の発掘調査では下層階からは宝石やお金が発見されました。
画像

上からの景色
画像




6つ目は ワット・チャイ・ワタナーラーム の見学。
画像

1630年、第24代プラサートトーン王が亡くなった母を偲んでチャオプラヤー川の西側に建設した寺院です。
画像

カンボジアのアンコール・ワットに似ていることから、
カンボジアとの戦争で勝利を記念して建てたとも言われています。
画像

1767年にビルマ軍により破壊されてしまいましたが
1987年に修復されています。

アユタヤで最も美しい寺院と言われています。


とっくに12時を過ぎて4つ目くらいからお腹空いたなーという声がちらほら。

ツアースケジュールでは11時半にランチだったんですけどね

13時過ぎだったかやっとランチになりました。
画像

まさか6つ見学し終えてからのランチになるとは思いませんでした。

ビュッフェでしたがあまり残っておらず・・・
画像

画像

まぁ普通に美味しかったです。

時間がなくガイドさんが買ってきたロッティサイマイというお菓子をいただきました。

写真を撮るのを忘れましたがアメをクレープ状の生地で巻いたアユタヤ名物だそうです。

素朴でもちもちして美味しかったです。


ランチ休憩をしたら最後に 日本人街跡&博物館 を見学。
画像

見学と言いますか、ただ2か所で歴史の映像を見ただけですけど・・・

ここは御朱印船貿易に携わった日本人たちが築いた村で
約3000人ほどが住んでいました。

日本人の多くはアユタヤの傭兵としてビルマ軍との戦いにも参戦。
町長の山田長政は大活躍し官位を与えられました。

日本の鎖国と共にこの街も消滅しました。


これにてアユタヤ観光は終了。


14時頃だったでしょうか、すべて見学終えてホテルへ向けて帰ります。

渋滞もなく15時半頃ホテルに到着しました。


一日中、滝のような汗をかいていたのですぐにシャワーを浴びたのでした。




つづく・・・








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Yuki
2019年05月21日 21:46
6つも行かれたんですね。
自分はワットヤイチャイモンコン、ワットプラシーサンペット、ワットマハータートの3つでお腹いっぱいな感じでした。まぁ、暑いですし、体力的にも厳しいです。
ワットプラシーサンペットは非常にインパクトを受けたのをよく覚えています。

アユタヤでは象に乗られなかったのでしょうか?
自分は少しだけ乗りましたが、象でグルっと遺跡を回ったりする方も見かけますね。
まっきー
2019年05月22日 09:04
Yukiさん、こちらにもありがとうございます。
Yukiさんは3大遺跡に行かれたのですね。
それで十分かと思います。
この暑さですし最初に体力温存しながら見学しないと6大遺跡はきついです。
今回のガイドさんは熱心な方じゃなかったのが逆に功を奏しました(笑)
ワットプラシーサンペットはYukiさんも印象に残られましたか。
ここはどういうわけか癒されると言いますか雰囲気がとても好きで見学時間目一杯使って撮影していました。

象には乗りませんでした。
一応、希望者は10分コースに乗れるのですが私は高くて揺れる象に乗るのは抵抗があって・・・
今回のツアー参加者に希望者がいなかったので象の撮影すらしませんでした。
Yukiさんは乗られたのですね。
でも良い思い出ですよね。
私も勇気出して乗っておけばよかったかな。
たくさんの象が待機していましたが道端に象の巨大なフンがあちこちにありました(驚)