バルセロナ・ミュンヘン旅行記~ブエリング航空にて

バルセロナからミュンヘンへ移動しま~す


旅行前はスペインはスリが多く治安もあまりよくないと聞いていたので
かなり警戒していましたが平和に過ごすことができました。

1日半くらいしか滞在していませんでしたけど
なかなか良い街だったなぁと思いました。

この日はミュンヘンへ移動する日。

外国でLCCに乗ることになるとは思いもしませんでしたが
このツアーでの移動手段はこれしかなかったので仕方がないです。

ホテルからタクシーでバルセロナ国際空港へ。

ブエリング航空にて13:15発のため余裕をもって出ました。

荷物を預けます。
画像

ゲートは  となってました。

普通はBなんちゃらと数字になってるのですが
まぁ行けば分かるのかなとそれほど気に留めませんでした。

時間があるのでラウンジへ
画像

くつろいでいました。
画像

出発の50分前になりBゲートへ向かいました。
画像

この時まではまだこれから起こるであろうことを知らずに・・・



行けども行けどもただのBゲートはありません。

みんなBなんちゃらと後ろに数字が付いています。

フライト情報が出ている電光掲示板を再び確認するもゲートの案内はやはりBとだけ。

インフォメーションで確認するも指で差してあっちだよと言う。

その指示通り行くもBだけのゲートはなく行き止まり。

すると行き止まりにいた空港の方がこっちはギリシャ行きだから違うよ。
もっとあっちじゃない?と元来た道を指さした。

結局インフォメーションに戻って再び確認。

するとブエリング航空のオフィスに聞いてくれと言われる。

出発時間の20分前には搭乗を締め切られてしまう。
それがLCCの怖さ。

今何時!?

締め切りまで残り10分!

ブエリング空港のオフィスというかインフォメーションだったわけですが
係の人はたった一人で対応中。

そのため列ができている。

これは間に合わない!

焦る私とMAKIDAN。

MAKIDANは近くのBゲートのブエリングの別の便の職員に聞きに行った。

すると電光掲示板をもう一度見て、とのことでした。

再びフライト情報を見るとゲート案内が出ました。

B45と出ました。

よかったーと安心してB45ゲートへ行きました。

何故か行き先がブリュッセルと出ていました。

ここはミュンヘン行きでは?と尋ねると違うと言われる。

えええーーー

おかしい。


走って走って戻ってブエリング航空のインフォメーションに再び並ぶ。

残り5分

もうダメだ、間に合わない。

今夜の便で移動するしかない。

私たちは覚悟を決めました。

でも言葉も通じず、英語も早口でよく聞き取れない。

最終的には翻訳機で・・・とあれこれ考えていました。


残り3分ほどとなり、順番が回ってきました。

ゲートはどこなのか聞くと、B45だと思う・・・とあやふやな回答。

搭乗チケットにもB45?とハテナマークを書かれる始末。
画像

MAKIDANが、B45はブリュッセル行きだから違うと訴えると
どこかへ電話し始めた。

すると、やはりB45だと言う。

もう埒があかないので諦めてB45へ再び向かう。

走るー走るー、俺ーたちーーー状態

ゼイゼイ、ハアハア

B45へ到着。

ちょうど締め切り時間になった。

恐る恐るどこ行きになっているか見ると、

ミュンヘン行きに変わってたーーー\(^▽^)/
画像

よかった、本当によかった。

もう二人して汗びっしょり

搭乗締め切り10分前にゲートが発表ってどういうことよ!

そして定刻時間になっても案内はない。

待てども待てども搭乗の案内がなく気が付けば40分経過・・・

ディレイなの!?何これ。

ディレイならDelayって表示しろや!とキレ気味の私。

やっとアナウンスがかかって搭乗・・・

と思いきや、バスで移動でした・・・

すぐに乗れると思いきや、バスを待つこと20分。

蒸し暑い場所で待たされ、また汗だくに

やっとこさバスが来て飛行機まで移動。
画像

13:15出発が気づけば14:15頃になっていました。

まぁLCCですからね・・・

1時間半のフライトでした

ミュンヘンの天候は荒れていて雨風がかなりあったので
経験したことがない揺れで死をも覚悟したほど

それは私だけかと思っていたら、到着したとたん、
前の座席の人からその周辺が大きな拍手

無事の到着を喜んでいたのでした。

皆さん、怖かったようです。

窓の外を見ると大雨でした。

無事に着いたことに安堵したのも束の間、また災難に見舞われたのです。



それはバゲッジクレームでの出来事。

スーツケースを受け取って・・・と思っていたら
荷物が5、6個出てきたところでターンテーブルっていうのかな?
それが止まってしまって・・・

15分くらいたってまた動くも荷物が出ない状態ですぐに停止。

どうやらテクニカルエラーのようです。

そこからひたすら待つことになる・・・


待っている人たちは空港職員にどうなっているのかと訴えている感じでした。
画像

ドイツ語が分からないのでただただ見ているだけ。

17:00になりW杯決勝が始まりました。

あーん、ホテルに着いてから見ようと思ってたのに・・・

すると暫くして左方面から大歓声が響き渡りました。

どうやらフランスが点を入れたようです。

フランス人観光客ですかね。

すると今度は右方面から歓声が響きました。

クロアチアが点を入れたようです。

その都度、試合速報をネットで見ていました。

前半は10分ごとに点が入ったようで盛り上がっていましたね。

そうこうしているうちにターンテーブルが動き出しました。

続々と荷物が出てきて、私の荷物も出てきました。

でも一向にMAKIDANの荷物が出てきません。

もしや・・・と不安がよぎりました。

すると最後の1つでMAKIDANの荷物が・・・

よかった、どこかに紛れて行っちゃったのかと思いましたが無事に出てきました

スーツケースが出てくるまで1時間かかりました。

最後に荷物を受け取り、いざエアポートバス乗り場へ。

ターミナル1は乗り場がAとDがあり、私たちはDへ向かいました。

これがまたけっこう遠い場所に。

なんとか辿り着き時刻表を見ると7分後に到着となっていました。

一応15分おきに出ています。

時間通りにバスが到着。
画像

外国にしては珍しく時間ぴったり。

エアポートバスも日本から購入できるんですよ。

印刷した紙を見せ、往復のチケットを発行してもらいました。

途中一度どこかに停車しただけでそのままミュンヘン中央駅(終点)まで。
画像

夜の19時ちょっと前に到着。

ホテルは駅とくっついているインターシティホテル
画像

本当は目の前の別のホテルを希望したのですが満室とのことで
こちらになりました。

めっちゃレトロで古い・・いや、老舗のホテルです。

古いのは古いですが部屋はきれいにしてありました。

ただバスルームのドアが閉まらなかったり、
シャワーのヘッドがすぐに外れるという不具合はありましたが・・・

翌日には部屋に入れない事態に

それが外出するたび起こるのでおかしいと思ったら
ドアのカードキーを検知する機械が壊れているようでした。

何度かやっているうちに直ったりしました。


19時半に予約していたホーフブロイハウスのビアホール。
間に合わないかなと思いつつ、荷物を置いてすぐに出発。

地下鉄Sバーンへ向かいます。

やはり券売機は日本語はなく英語で発券。

2駅なので短距離券€1.5を購入(シングル)

ミュンヘン中央駅からマリエンプラッツ駅まで。
画像

マリエンプラッツ駅には日本語が選べる券売機がありました。
画像

画像

ホーフブロイハウスまで徒歩5、6分でしょうか。
画像

この周辺はたくさんのビアホールがあるのですね。

皆さん、テラスっていうのかな、外で賑やかに飲んでいました。

もう夜は肌寒いと思うんだけど・・・

中に入り席に案内してもらい、注文しました。

コース料理だったのでその中から料理を選ぶ感じ。

ドイツ料理ってしょっぱい味付けのものが多いですね。

味が濃いって聞いていたけどしょっぱいんですよ。

ザワークラウト(酸っぱいキャベツ)もちょっと苦手。

ビールのおつまみとしては良いのでしょうね。

MAKIDANはまさにビールのおつまみだねと言ってました。
画像


テーブル担当の男性が明るい方でよかったです。

チップをはずんでおきました。


帰りの電車で私、浮浪者に付き纏われてビビりました

MAKIDANが私の前に立ってくれたので去っていきましたけど、
電車に乗ってもビンや缶をたくさん袋に入れて引きずって
何か言いながら歩く人もいて怖かったです。

気を許して歩いていちゃだめですね、反省。


この日は色々トラブルがありましたが終わりよければすべてよしです。

そう思いたい(笑)

明日は良いことがある!

そう思いながらホテルのベッドでくつろいでいるとMAKIDANが一言。

おいおい、ブエリング航空が家のメールに連絡してるよ!

へ?なにを?

ディレイってことを!

えーーーっ!?

そんなメールが届くなんて分からんよ~

家のメールじゃなく空港の電光掲示板にディレイって表示してくれれば
こんな思いしなくて済んだのに・・・

どっと疲れが出た


ブエリング航空に振り回された一日でした。



つづく・・・・













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ヨッシー
2018年08月03日 12:30
まっきーさん
お疲れ様でしたねー
てるみクラブかと思う程のツアーになったようで・・・。
でも来年になれば良い想い出となりますね。
体は動かせる内に、頭はボケる前に、お金は有る内に使いましょうね。楽しいツアーレポートありがとう御座いました。
まっきー
2018年08月03日 20:22
ヨッシーさん、こんばんは。
この日は本当に疲れましたよーー(>_<)
最初にこのツアーを申し込んだときに、てるみを思い出しました(笑)
MAKIDANが直接この会社に行って支払ってきたので所在などは確認済でした。
ちゃんとしている会社だったみたいです。
っていうのも変な話ですが
格安は危険も隣り合わせなので覚悟しないといけませんね。
もう今は笑い話ですよ。
来年には良い思い出になっていることでしょう。
そうそう、体の動くうちに、ボケる前に、お金のあるうちに、ですね(笑)
まだ続きますのでよかったら覗いてみてください。
Yuki
2018年08月03日 22:12
カタール航空なのでワンワールドのイベリア航空でミュンヘンかと思いましたがブエリングとは。向こうのLCCはピーチやバニラの比ではなくガチのLCCですから大変です。

ミュンヘンの空港から市内はバスでしたか。自分はあまりバスが好きでないのでS-bahnで移動しました。本当はバスの方が楽そうに思うんですけどね。中央駅でもルフトハンザのリムジンに乗る方も多いですし。

インターシティはフランクフルトでは定宿なんですが、ミュンヘンのインターシティは結構高くて泊まる機会がありません。質素ですがDB系列なので安心感あるホテルなんですけどね。自分は中央駅の前のイーデンヴォルフに泊まることが多いです。

ホーフブロイハウスは行ったことはあるのですが、混んでいて断念しちゃいました。やっぱり予約とかしてないとダメですね。

しかし、浮浪者に付きまとわれたのは災難でしたね。それほどミュンヘンで浮浪者を見た記憶はないのですが、油断できないですね。それでも無事だったようで何よりです。
まっきー
2018年08月06日 08:27
Yukiさん、おはようございます。
LCCのブエリングについては本当に旅行前から心配でした。
けっこう直前までどの便か決まらなくて何度か問い合わせたくらいです(^-^;
一応希望の時間帯を伝えたのでその通りにはなりました。

Yukiさんはバスはあまり好きではないのですね。
私も1時間程度ならいいのですが長時間は苦手です。
ゆったりできるとことは好きなんですけどね。
羽田空港へも自宅の最寄り駅からバスが出ているのでよく使います。

ミュンヘンのホテルですが最初はイーデンヴォルフを希望したんですよ。
そしたら満室と言われてインターシティになりました。
質素な部屋ではありましたがほぼ寝るだけなので気にしなかったです。
ただ部屋のカードキーを読み取ってくれなくて何度も受付にいくはめになったのはストレスでした。
駅直結のホテルは本当に便利ですね。

ホーフブロイは混んでました。
調べていてここは予約しないといけないなと。
予約して正解でした。

浮浪者ですが昼間はいないのに夜になると現れるのは、切符なしでも入れるような仕組みがいけないのかなぁと思いました。
私がいかにも観光客に見えたのでしょうね(^-^;
いやー怖かったです。
こういう経験はしたくないですね。
Yuki
2018年08月06日 22:13
自分の場合は基本的に乗り鉄なのもあるのですが、バスだとどこに連れて行かれるか何となく不安なので、鉄道のある空港だと大抵バスですね。シャルル・ド・ゴールのように治安的に鉄道(RER)に乗る度胸がないところはバスですが。

イーデンヴォルフは満室だったんですね。割と大きなホテルなんですが、立地的にも人気あるんでしょうね。中央駅の近くはミュンヘンに限らず治安の悪いところが多いですが、やはり便利なんですよね。自分は食事でも中央駅構内のインビスでヴルストやサンドイッチを食べて済ませることが多いです。
まっきー
2018年08月07日 08:29
Yukiさん、おはようございます。
たしかにバスだと不安もありますね。
日本でもここどこだろう?と思うこともしばしば。
パリは何となく怖いですよね。
新婚旅行で行きましたがバス移動だったため鉄道に乗る機会はありませんでしたが個人でまだ行きたいねという話はしているので治安のことは頭に入れておきたいです。

イーデンヴォルフがいいなぁと思っていたのでまさかの満室に戸惑いました。
過去に部屋が満室というのがなかったものですから。
中央駅付近は色んな人がいてちょっと怖かったです。
でも立地的に仕方がないのかもしれません。
駅構内はたくさんのフォードショップがありますね。
サンドイッチは美味しそうでした。
見ていて楽しかったです。
そうそうYukiさんのオススメのカリーヴルストですが1軒見つけたのですが食べそこないました。
時間的に余裕がない時だったり移動中だったりで・・・
もっと時間があればと思いました。
Yuki
2018年08月07日 21:40
パリも検討されてるんですね。
パリでもメトロは普通に気をつけていれば問題ないと思います。古いので、薄暗い駅が多いのは気になるかもしれませんが。ただ、RERは落書きとか多くて不安感あるかもしれません。ドゴールから市内に行くRER-B線は特に遺憾なようですが。あと、東駅と北駅は危ないとは聞きますね。
自分もパリはまだまだ回りきれていないので再訪したい都市のトップです。

カリーヴルストは食べる機会がありませんでしたか。まぁ、フランクフルトにケチャップとカレーパウダーをかけただけのシロモノですけどね。(苦笑)
サンドウイッチは、旅行中の野菜不足対策でよく食べますが、ドイツのパンは美味しいなといつも感じます。
まっきー
2018年08月08日 20:52
Yukiさん、こんばんは。
そうですね、パリはもうちょっとゆっくり観光したいなぁと思いました。
欧州は高齢になってからだとキツイので行くならあと数年のうちですかねー(笑)
個人で行くとすればメトロは乗る機会があるでしょうね。
落書きと言えばバルセロナの街並は落書きだらけでした。
良い街並みなのにもったいないなぁと残念に思いました。
パリはテロも多いので色々と心配なところがありますが気にしていたらどこにも行けないのでその時はその時です。
よく回りを見て慎重に行動したいですね。

残念ながらカリーヴルストは機会がありませんでした。
ケチャップとカレーパウダーは想像できるような気もしますが食べてみたかったです(笑)
ドイツのパンは美味しいですよね。
並んでいるパンはまるでアートで見ているだけで楽しかったです。