シドニー旅行記2016~③

3日目はブルーマウンテンズツアーに参加しました。


ホテルまでは向かいに来てくれないので集合場所のホテルまで5分ほど歩いて行きました。

朝7時20分に出発。

なんとこの日はバス5台で約140人の方々がツアーに参加されたのでした

そのツアーも1日ツアーと半日ツアーで分かれていました。

私は半日ツアー(14時まで)に参加。

ハーバーブリッジを渡って約2時間かけてブルーマウンテンズへ。

ガイドさんがバスで仰っていたのが以前ツアー参加者に

コーヒー豆は買えますか?

と聞かれたそうな。

コーヒーのブルーマウンテンはジャマイカなのでジャマイカへ行く際にお買い求めくださいと伝えたんだそうな(笑)

たしかにブルーマウンテンというとコーヒーを思い浮かべますね。

今回のツアーはユーカリの樹海が青く霞む山脈の意味を持つブルーマウンテンズなのでコーヒーはまったく関係ないのでした(笑)


この日は雲ひとつない快晴。

シドニーの最高気温は24℃ですがブルーマウンテンズは8℃ほどとのことでした。

上着がないと寒いです。

でも陽が差しているのでそれほど寒く感じません。

紫外線は日本の3~4倍なので油断すると日焼けしてしまいます。


さて、着いたのはシーニンクワールド
画像

まず最初にレールウェイというトロッコ列車に乗ります。
画像

このレールウェイは最大傾斜52度で207mの標高差があります。
画像

世界一の急勾配だそうです。

乗り込むとインディージョーンズの曲が流れるのでテンション上がります

まずは真っ暗なトンネルを下ります。
画像

かなりの斜頚なのでみなさん両手で突っ張っています。

最初はワーキャーなりますがジェットコースターのように速くはないので怖くはないです。

自分でイスを上下させ最高傾斜64度を体験しました。
画像

楽しんでいたらあっというまに到着。

これくらいの斜頚があります。
画像

横から見た方が斜頚が分かりやすいかな。
画像


ここからの景色も壮大です。
画像


このレールウェイですが第1号機はなんと立ち乗りだったようです。
画像

怖えぇぇ~

しばし歩いていくとリポビタンDのCMで使われた崖が見えてきます。
画像

TOKIOの山口達也さんがロケに来たんだそうです。

次にケーブルウェイに乗り換え。
画像

360度のパノラマを眺めながら渓谷を上ります。
画像

オーファン・ロックという岩らしい(左側に穴が開いてるらしいのですがそれが見ええてはいけないとか何とか・・・よく聞いてなかった・笑)

さらにスカイウェイに乗り換えます。
画像

中央の床は足元がガラス張りになっていて真下の樹海がよく見えます。
画像

途中にカトゥーンバ滝が流れているのが見え270mの空中散歩(横に移動)
画像

一番スカイウェイが怖かったかなぁ。

当然私は真下が見えない位置にいました。


ナロウネック展望台に到着。
画像

画像


100種類あるユーカリですが触っても良いユーカリの木に案内されました。
画像

これはティーツリーと言って葉を擦るとレモンティーの香りがします。

とても良い香りでで気に入ったのでティーツリーオイルを買いました。

アトピー、火傷、にきび、口内炎に良いとされ薬用なんだそうです。

ユーカリは通常毒素があるのでピュアオイルというのを買わないと肌に付けられないんです。
ポイズンと書かれているものはNGです。


2つめはエコーポイント展望台
画像

奇岩スリーシスターズを望む絶景が見られます。
画像

魔法で岩にされた3姉妹が魔法が解けるのを今か今かと待っています。

スリーシスターズに触れることができるらしいのですがそこまで往復30~40分ほどかかるらしく、また険しい道程らしいので参加者の皆さんはパス。
画像

上の写真ですと目を凝らすと一番左の岩付近に人影が見えます。

グランドキャニオンを見た私としてはあれ以上の感動はありませんでしたが
見渡す限りユーカリの樹海と聞いて美しいながらも恐怖を感じたのでありました。
画像


このあとは2時間かけて市内へ戻って解散です。

途中でシドニー五輪マラソンで金メダルを獲得したQちゃんこと高橋選手が走った道路モーターウェイ4番を通過。
画像



私たちはロックスのDFSで降ろしてもらい、初日に続いてオペラハウス周辺を散策したのでした。



サーキュラーキー駅のホームから豪華客船とハーバーブリッジが見えました。
画像





つづく・・・










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

この記事へのコメント

メグさん
2016年05月13日 22:30
まっきーさん、こちらにも失礼します。
シドニー旅行記楽しく読ませていただいてます。向こうでは天候に恵まれた様で良かったですね。トロッコ列車は勾配が勾配なだけに凄い座席ですね。最大傾斜52度というのは想像できませんが、スキーの上級ゲレンデでも35度前後ですから、感覚的に真っ逆さまに近い状態感じなんですかね。立ち席は流石に怖いでしょうね。自分はジェットコースターで立ち席を経験したことがあるだけに分かります(笑)。「ファイト~!いっぱ~つ!」という風にはいかないですね(笑)。旅行記の続き、楽しみにしてますね。
まっきー
2016年05月13日 23:21
メグさん、こちらにもいらっしゃいませ~。
シドニー旅行記読んでくださりありがとうございます。
シドニーではずっと天気に恵まれ雨男&雨女のパワーは発揮されずホッとしています(笑)
トロッコ列車は本当にあっとうまに終わるのですが私もジェットコースターくらいしか経験がありません。
なんせ高いところといいますか高いところから下るとか見下ろすのが苦手なので一番前の席でなくてよかったです(一番後ろでした)
スピードはそれほどないのでお年寄りでも大丈夫です。
楽しい乗り物でしたよ。
スキーの上級コースは35度ですか!?
実はスキーも怖くて経験がありません(汗)
えー!メグさんは立ち乗りコースターに乗ったことがあるのですか!?
このトロッコは特にベルトで固定もしないのでスピードがなくても立ち乗りは怖すぎですね。
想像しただけで恐ろしいです。
ファイト~!いっぱ~つ!
私には勇気の言葉にならなそうです(笑)
また最後まで旅行記にお付き合いくださると嬉しいです。