微笑ましい光景の裏側

暑くなってきて散歩するのも楽じゃない今日この頃、その中で癒されたのは・・・


これはいつもの公園の池。

いつのまにかカルガモの親子の姿が見られるようになりました。
画像

かなり大きくなったカルガモの赤ちゃん。
画像

やんちゃな年頃のようでお母さんもてんてこ舞いです。

一羽だけどこかに行こうとすると追いかけて呼び止めます。

池のコイが子カルガモにちょっかいをかけると
母カルガモはコイを突いて追い払います。

ハトが近くにいるとお母さんが陸に上がってきて追い払う仕草も見せました。

子供を守ろうと必死なんですね。


そして別の場所にはこんなに可愛いカルガモの赤ちゃんが!
画像

でもたったの一羽しかいません。

すると近くにいたおじさんが

1週間前には8羽いたけど公園に来るたび1羽ずつ減ってしまって・・・

と声を詰まらせました。

何かに襲われたのですか?

と聞くと、カラスに襲われたとのことでした。

母カルガモの気持ちを想うとつらいですがこれが現実です。

私たち人間にとって可愛いくて癒されるカルガモは生きるために必死なのです。

生まれた赤ちゃんのすべてが生き延びることはないんだなと思い知らされました。

カラスも生きるためとはいえ憎いですね・・・



最後の一羽となってしまったカルガモの赤ちゃん。

必死にお母さんのあとを追って泳いでいきます。
画像

生き延びて逞しく成長してほしいと願わずにいられませんでした。



ちなみにこちらの白いカモはアヒルとカルガモの雑種のようです。
画像

目の部分と羽にカルガモの模様が入っているのが分かります。


そうそう、カルガモとマガモの見分け方って知ってますか?

カルガモはくちばしの先だけが黄色いのですが
マガモのオスはくちばし全体が黄色くメスは黒っぽいんだそうです。
画像

一方、カルガモのオスとメスは単独でいると見分けがつかないらしく、
オスの方の背・羽(特に尾っぽ付近)が黒っぽいそうだ。
画像

左がメスで右がオスだと思いますが分かります?

って私もこの日初めて知ったわけですが(笑)


次にこの池に来るときにカルガモの赤ちゃんのことを考えると
楽しみでもあり怖くもありました。


どうか一回り大きくなったカルガモの赤ちゃんに会えますように








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

この記事へのコメント

びびっとオレンジ
2013年06月25日 19:13
まっきーさん、こんばんは、びびったオレンジです。
ホントに微笑ましいですね~。
先週だったか、志村どうぶつ園でも大手町のカルガモのお引っ越しを特集してました。
で、NHKの「ダーウィンが来た」では、カラスの言い分なんてのをやってましたね。
カルガモお母さんが何回も下見に行って、何日間もかけて引っ越しを完了させていました。カラスにはカラスで、なるほどっつう言い分を聞かせてもらいましたよ(笑)
みんな生きるために一生懸命頑張ってんだね。
カルガモちゃんが元気に巣立ってくれるといいね。
まっきー
2013年06月25日 21:03
びびったオレンジさん、こんばんは(笑)
カルガモちゃんはいつまでも眺めていたくなりますね。本当に癒されます。
子カルガモの中には群れからはぐれる子もいて母カルガモは大変そうでした。
まぁ人間も三つ子や五つ子ちゃんを育てるのは大変どころじゃないですからね。

志村どうぶつ園はたま~に見るのですが先週は見なかったので動画でカルガモの引っ越しを見ました!
カルガモのお母さんすごいですね!冷静な判断力で地道な引っ越し感動的でした。
NHKではカラスの言い分という特集もあったのですね、ムムム・・・
どうしてもカルガモをえこひいきしちゃいますがそれぞれ生きるためですものね。
1羽になってしまったカルガモの赤ちゃんには無事に巣立ってもらいたいです。
2013年06月26日 05:47
まっきーさんおはようございます。

カラスは「見た目で損するタイプ」ですよね(笑)
鳴き声もカワイくないし…。
カルガモのひなをさらうカラスが「悪」の図式に見えますが、これが自然の姿。
人間は見守るしか無いんでしょうね。
ここに人の手が入るとどこかで自然界のバランスが崩れ、極端な話いずれは何かの種が絶滅なんてことに。
自然って難しい…。
まっきー
2013年06月26日 17:42
え~さん、こんにちは。
馬は真っ黒だと格好いいって思えるけどカラスって悪いヤツにしか見えませんよね。
鳴き声もカーカーって可愛くない。
本当に見た目と声で損しているカラスくんですが頭はいいんですよね(そこは認める)
カルガモは見た目が愛くるしいので守ってあげたくなっちゃう癒し系の鳥さんですからねぇ。
これはライオンがシマウマを襲ったりヘビがカエルを襲ったりすることと同じです。
自然の世界では生きるためには当たり前のことなんですよね。
ある意味人間が自然破壊をしているわけでカラスに向かって悪だと言うのは筋違いかもしれません。
人間は良い環境を作ってあげたり黙って自然界を見守ることしかできないんだなぁとつくづく思い知らされました。
タジ
2013年06月26日 22:00
まっきーさん、こんばんは!

散歩&ジョギング(!?)シリーズ、いつも楽しく読ませてもらっています。
毎週書いてくださっているので、ちょっとした趣味として定着しそうですね!
健康と思索を兼ねたまっきーさんのお散歩レポート、これからも楽しみにしています!
まっきー
2013年06月27日 16:29
タジさん、こんにちは!
ご愛読誠にありがとうございま~す!
今のところネタもあるので毎週書かせてもらっていますがそろそろネタも尽きてきました(汗)
ちょっとこれからの季節おさぼりしちゃうかもしれませんが、また秋には景色も変わってくるでしょうしネタも増えることを期待しています。
今までやっていたウォーキングと違って長めに歩いているので良い汗掻きますよ。
食欲増進には参りましたが(笑)
ということでこれからもまったりお散歩レポのご愛読をどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m