小さな夢だけど

私が男の子だったら将来この仕事に就いていただろうという職業がある。


それは・・・


” 大工さん ”


うちの実家は父が工務店を営んでいる。

私が幼い頃、余った材木の切れ端で父とよく工作して遊んだものだ。

それを夏休みの自由研究で提出したら、よく先生に怒られたものです。


立派過ぎて小学生が作るものじゃあない!


えぇ、立派な豪華客船を作ってしまいました(笑)

しかもモーター付きです(爆)

お風呂に浮かべて遊べます(自信作でした)

弟はまったく興味なしのようで一緒に工作することはなかったですねぇ。

そのせいもあってか、父はよく私に「お前が男の子だったらなぁ」とぼやいていた。

工務店は父の一代で終わってしまうからだ。

きっと私に後を継がせたかったのだろう。

私もその頃「私が男の子だったら棟梁になりたかったのに」と父を尊敬したものだ。


そんなこんなで月日が流れ、私が思春期の頃になると

我が家にあの格好でとび職さんが出入りするのが嫌になった。

派手な色の作業着・・・どうも馴染めなかった。

とび職さんは家で飼っていた鳥に向かって

ホ~ホケキョって鳴いてみ~


心の中で私は叫ぶ


ウグイスじゃないよ、メジロだっつーの!


名前はメコちゃん。 あ、聞いてないか(笑)

たしかに見た目は一緒だけどね(メジロは名の通り目の周りが白いのじゃ)


だからというわけではないが、幼い頃に見た棟梁になる夢は微塵も欠片もなくなった。

それが突然、30歳間際になって忘れていたその夢が違う形となって現われたのだ。

小さな夢のはじまり・・・

でもそれは所詮妄想にすぎなかった。

けっきょく仕事の忙しさに感けて行動にも出せず、またそのまま封印したのです。

なぜあのとき行動を起こさなかったんだろう。

そんな後悔がずっと心の奥底にありました。


そして今年になって会社の研修に参加した時にまた封印が解かれたのです。

以前にも記事にしたのですが、その研修は『ビジョンについて考える』でした。

仕事に行き詰っていた私は研修を受け、同じチームの人たちの話を聞くうちに自分が何をやりたいのかが見えてきたのです。

それが幼い頃夢見た工務店のオンナ棟梁ではないんですが・・・(笑)


そして今回の退職・・・私にとってタイミングがよかったのかもしれません。

とりあえず年齢的にみると正直遅すぎるかもしれませんが、その職業に就けなくともそれに近い仕事はたくさんあるので少しずつ勉強していこうと決意しました。

とりあえず一歩一歩前に進もう。

かなり遠回りしちゃったけれど目標が見つかったのはいいことです。


何を目指してるか?

それはまだナイショ(笑)


とりあえず教材が届きました。

12月にある試験目指して頑張りたいと思います。


小さな夢だけど、一つ一つゆっくりと近づいていけばいいかな~♪

意気込んでみたり無理しないで行こうっと。


えぇ今まではそれで数多く失敗してきましたから~(苦笑)


無理は禁物!


今年のスローガンはこれですよ(笑)











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ぼんちゃん
2009年04月29日 14:26
まっきーさん、こんにちは☆
やはりまっきーさんは目標があって退職されたのですね、そんな気がしました。
いつもまっきーさんを私の友達と例えるけど、私の友人達もそれはそれは真面目でね~。
その辺が文章からいつも似ているな~って思っています。
ウチは父方のおじいちゃんが工務店を経営していたよ。
社長さんって呼ばれておりました^^;
自宅の一階が事務所でした。
私が物心付いた時はもう年で廃業していたので、憧れとかは全く無かったんだけど、尊敬したのは死後だーいぶたった震災の時!
私の家は鉄筋だったんだけど、震災の時ビクともしなかった。そして隣の家もおじいちゃんが作った木造の家だったんだけど、この近辺で木造住宅は軒並み半壊。
おじいちゃんが作った家だけは、ピンピンでした(笑)
続く→
ぼんちゃん
2009年04月29日 14:30
文章を読んで、まっきーさんが大工になっている様子を思い浮かべてニヤニヤしてしまいました(爆)
ねじり鉢巻していたりしって~
女性の感性を活かせるような仕事だといいね♪

私の夢は前に一度言った、旦那と一緒に営むアメリカンカルチャーショップ。
5年くらい前は、50歳くらいを目標に脱サラして始める予定だったんだけど、
世間の景気と、余りにも流行ってしまったアメカジ・・
そして旦那が出世しすぎて、お金が一遍に困りそうなショップの経営に踏み込む勇気がなくなった。
旦那の定年後くらいかな・・・するとしたら・・
退職金を使って・・・
その頃まで私生きて入れるか不安です・・・
ゴメンね自分の話で。またブログでもしてみます^∀^
2009年04月29日 15:04
新着を見ていて、偶然ですが拝見致しました。
素晴らしい内容の記事に、
初めてコメントを残させて頂くことを決めた次第です。
何をするにも遅すぎることはありません。
チャレンジする志、
キラキラ煌めいて伝わりました。
無理をせず、ゆっくりいっぽいっぽ・・・、
その歩みを止めないでくださいね。

ありがとうございました。
まっきー
2009年04月29日 15:08
ぼんちゃん、こんにちは☆
仕事を辞めた一番の理由はぶっちゃけローン返済のための退職金目当て(苦笑)ですが、これを機に自分が進みたい道に行けるんじゃないかという想い。
私はこの1ヶ月、3日のうち2日は外出していて、TVで見るような奥様みたいに家でお煎餅食べながらワイドショー&昼ドラってタイプじゃないんですよね。
どうもジッとしていられないんですよ。
ただでさえボケてきてんのに頭を使わなかったらもっとボケるんじゃないかって思っちゃいましたね。
やっぱり父に似て真面目なんでしょうねぇ。
とにかく私はめんどくさい人間ですよ(苦笑)
そんな自分が好きでもあり嫌いでもあります。

話は変わるけど個人経営しているような工務店さんはこだわりが強いから大きな仕事は大手に取られるけど、コミュニケーションは密にとれるし細かいところまで手が届くんですよね。父は絵にかいたような真面目な職人です。でもそんな人柄が信頼を生み、お客様の口コミで仕事を紹介してもらったりして人との繋がりがこれまたいいんですよね。
ぼんちゃんのおじい様もきっとこだわりある職人さんだったに違いありませんね。
まっきー
2009年04月29日 15:09
続きです。

私もねじり鉢巻きして屋根の上に立っている姿を想像すると噴き出してしまうくらい笑っちゃいますね。
子供の頃はマジで考えていた自分が恐ろしいですが。

今度はねぇ、そんな父の仕事とはほど遠いですが最終的には近づけたらいいなぁと思っています。
そう、女性の感性を活かせる仕事に就ければいいなぁと夢見ている私です(^m^)
ぼんちゃんも素敵な夢があり実際に描いているのが素晴らしいです。私なんて今はぼんやりした感じですもの。またぼんちゃんとこういった話がしたいですね。
そのときはまた語りましょう(笑)
ぼんちゃん
2009年04月29日 17:32
再びこんにちは☆
今日はマック君は旦那に面倒見てもらっているので時間があるんです~^^
>煎餅食べながらワイドショー&昼ドラってタイプ
まっきーさん、それは酷いや。
主婦に対するイメージ悪すぎ。
ワイドショーや昼ドラ見たことないっす(笑)
興味もないっす!
私も独身時代は、土日も外出するくらいアクティブだったけど、今は家庭の仕事優先でじーっと家に居ますよ。
私の場合は真面目じゃないけど、超がつくくらい潔癖なんだよね。
一日3回くらいは洗濯機回しているし、家事に手抜きは特にしていません。
家事が好きか?と言われるとそうでもないんだけど、旦那は家に居て欲しいタイプだし、我慢してしています。
とにかく一切家事を手伝ってもらえない状況が続いていましたので・・・
(平日の帰宅がPM11頃で、土日も会議続き・・)
あと副業のセイで年中常にPCをチェックしていないといけないの。
だからその合間とかにPCを触る時間は多くなっているな~。
南アフリカとかからも仕入れとかしてるの、笑うでしょ^^;
またしても続く→
ぼんちゃん
2009年04月29日 17:39
父が憧れっていうのは私も同じだな~。
常に理想の男性が父親でした。
父は大学の教授だったんだけど、研究職タイプでねぇ。
でも家では物凄く趣味人間でした。
小さい頃はライブハウスに連れて行ってもらったり、登山に入ったり。
私の趣味が多いのは、父とあとはゼミの先生の影響が多々あるね。
でも理想の男性が父だったお陰で、婚期が随分遅かったけど^^;
おじいちゃんは、そう、その通り!頑固一徹、採算無視。超職人気質だったそうです。
ウチは母父もそうなんですよね。
頑固一徹の職人気質。
小料理屋を経営していたの(本人に言わせると料亭・笑)
採算無視で、いい食材を使っていたそうな・・・
私は誰に似たんだろーねぇ。
いろんな人のミックスだと思う。
長くなりましたが、またいろいろお話しましょう。
一度会いたいね♪
マタさん
2009年04月29日 19:56
まっきーさんこんばんは。
まっきーさんにマタさんの座右の銘を送りましょう。
“挑戦せずして勝利なし”
う~んわれながらいい言葉です。なんせ自分で考えた言葉なんでね。
資格試験受けるのでしたら、自分を追い込まないほうがいいんじゃないかな。なんくるないさ~ですよ。頑張って下さいな。
まっきー
2009年04月29日 20:22
フォーチュンKCさん、はじめまして。
拙い文章をお褒め頂きありがとうございます。
今まで一から始めることを怖がっていた面がありました。仕事を続けていた方が収入もあるし楽ですもんね。
退職を選んだ今、新しいことを始めるチャンスだと思いますので時間がかかっても焦らずチャレンジしていこうと思います。
書き込みありがとうございました。
まっきー
2009年04月29日 21:05
ぼんちゃん、こんばんわ☆
う~ん?私の書き方が誤解を与えてしまったのなら謝りますが、主婦=暇と言ったわけじゃあないですよ。
当然専業主婦は金銭面とは別に家庭を守る仕事をしていると思ってます。
ぼんちゃんを非難したわけではないですし、ぼんちゃんのまわりにはあのように過ごしている方は居ないのかもしれませんけど、実際に私の周りには居るんでああいった言葉になってしまったのかもしれません。
ただ優雅に生活しているように見えて実際は違うのかもしれませんね。家事一般を午前中に片付け、午後からは自由な時間を過ごしているのかもしれません。
そこを確認していないのにああいった発言をしたことは謝らないといけないと思っています。
人はそれぞれ違うように生活もリズムも違います。
私の場合は仕事をしていたので家には居ないことが多く、急にリズムを変えることができず外出してしまうんですよね。今まで仕事、仕事でしたから何かしていないと気が済まないんだと思います。
ただそれが言いたかっただけなんですよ。
私は逆に家のことは疎かにしてますから偉そうなことは言えませんね。
まっきー
2009年04月29日 21:06
続きです。

ぼんちゃんのお父様は趣味が多かったんですね。
やっぱり子供にもその影響はあると思いますよ。
そんなお父様を見て育つわけですから、自然と尊敬に変わるのだと思います。
でも私は父を尊敬していた割にタイプの違う人を選んだんですよね。実際生活してみたら嫌だと思うところが似ていたりして困ってます(^_^;
ぼんちゃんのおじい様はウチの父と似てるんだなぁ。職人気質だと頑固一徹という感じなのかしらね(笑)
ちょっと私もその辺は入ってるかも。
だとすると女の頑固一徹だとなんとなく性質悪いねぇ。あ~可愛げないわ(´_`)
というわけで度々の失言をお許しくださいませ。
アンシエルで叶えられなかったファルシオンのGⅠ制覇で是非ともお会いしましょう!
まっきー
2009年04月29日 21:12
マタさん、こんばんは。
>“挑戦せずして勝利なし”
たしかに頂戴しました(^O^)/
心にスーッと入ってきましたよ。
その通りだと思います。
頭で考えてるだけじゃ何も始まらない。
やっぱり行動あるのみ!ですね。
えぇ今回は追い込まず気ままにトライしたいと思ってます。落ちても6月があるしぃ~。くらいな気持ちでいきたいと思っています。
なんくるないさ~ですよね。いい言葉です。
ありがとう!マタさん。
鍋ちゃん
2009年04月29日 21:57
まっきーさんにもアイデンティティの確立が訪れたんですね。
原体験は大人になってからも大きな影響を及ぼすんです。僕もそうでした。

福島に引っ越してから、登山に目覚めたんですよ。
思い返せば、北海道にいた幼少の頃、毎週末近所に住んでた祖父、祖母の家に遊びにいっては山を眺めてた記憶がありますね。
まっきー
2009年04月29日 22:18
鍋ちゃん、こんばんは。
なはは、すごいこと言うなぁ。
アイデンティティーねぇ、たしかに幼少の頃の想いが違う形にはなったけれど連動しているのはたしかですよ。やはりね、いくつになっても父の力になりたいと心の中でずっと思っていたんです。
ただこのご時世トントン拍子にうまくいくとは思ってないので遠回りでも少しずつ近づいていきたいですね。

鍋ちゃんは登山が趣味ですか。
山を眺めていたということは幼いころから山に興味を持っていたということですよね。その頃はどんな気持ちで眺めていたのかしら。
それが今、眺めているだけだった山を登っているわけですから原体験というものはあるんですね。なるほど、とても興味深い話です。
2009年04月29日 22:30
頑張れば、夢は叶うもんさ。
300万円のオレだって、頑張って7戦目で「勝利」という夢を叶えたんだぜ。ま、亡くなった先生や厩舎スタッフや、ファンとか、いろんな人に助けられたおかげだけどな…。
まっきーサンなら、もっと容易に夢を叶えられるんじゃねぇかな?
ちなみに、オレの新たな夢は、肉を手に入れることだな(笑
まっきー
2009年04月29日 23:02
シルクトマホーク?くん、こんばんは。
そっか、トマホークくんという素晴らしい例がありましたね。夢は当然自分ひとりの力だけでは叶えられないと思います。やはり周りの助けがあってこそですよね。

もう少し若ければガムシャラに突き進んだんだけど、歳を重ねるごとに臆病になっていくんだよね。
でもね、挑戦するよ!叶わなくとも。
ありがとね、トマホークくん。
トマホークくんの夢は楽勝じゃん(笑)
食べればいいんだから(^m^)
ぼんちゃん
2009年04月30日 01:30
何度もゴメンね。
いえいえ、まっきーさん、私のコトを言われているとは思っていないですよ。
気にしないで下さいな。誤ってなんてもらわないでいいんですよ。こちらこそ気に障ったならすまんです。
ただまっきーさんが、持っている主婦のイメージがあまりよろしくないのかな?って思って・・私の周りには一人もそういう人がいなくて、頑張っている人ばかりだから特にそう思うのかもしれないね。
家に居てもね、いろいろな事は出来ますよ^^
家=何もしない、は全くナンセンスだと思います。
まぁ、優雅に遊んでるってとられてもしょうがないけど・・
(↑これって超日本人的な感覚だと私は思うのね)
私も長く働いていましたからまっきーさんのしんどかった状況は痛いほどわかりますよ。
でも働いていた時よりもステキな時間を今過ごせているので、主婦生活に不満はないです。
まっきーさんにはすばらしい向上心を感じます。
その辺も私の友人と一緒。
新しい目標に向かって頑張る様子が目に浮かびます^^
ぼんちゃん
2009年04月30日 01:32
続きです(最後ね)
旦那はね~、私も父と正反対だよ~!
趣味の少ない仕事人間かもしれん。
でもって、何をやっても私に頭があがらないんだ!
人生そんなもんかもしれんね(笑)

あ、鍋ちゃんさんの原体験?よーくわかるなー!
登山・・あれほどの青春&自然へのむしゃぶるいするほどの感動はございません。
皆さん登山を始めましょう
2009年04月30日 02:01
ものづくりは大変です。

身体が資本です。

毎回、“生みの苦しみ”を味わいます。

そんなこんなでタイで取材した番組が完成しました。
ので、告知に参りました。

今回はきちゃもん自身も登場しちゃいます。
大々的に告知してください(笑)。

一応、URLを貼っておきますね。
http://ameblo.jp/kichamon/entry-10251670213.html
まっきー
2009年04月30日 17:50
ぼんちゃん、こんにちは☆
ぼんちゃんの仰りたいことはよく解りました。
ただこの場で主婦についての議論をするのは意味を持たないのでコメントは控えさせていただきます。
これで終わりにしましょう。

今日ね、街を歩いていたら10代後半から20代前半の女子2名がとび職の格好していたの。なんと頭にはタオルを海賊のように巻いてたんですよ。
もしかして私も父の跡を継いでいたら同じ格好していたかも~と想像したら笑ってしまいました。
いるんですね、女の子のとび職さんって。いや、左官屋さんかもしれないな。

ぼんちゃんも登山は大好きですよね。
私のまわりにも多いですよ、登山する人。
毎年のように夏になると富士山に登ろうと誘われますが・・・
いつかその感動を味わいたいものです。
まっきー
2009年04月30日 17:55
きちゃもんさん、こんにちは。
長いことタイへ行ってらっしゃいましたものね。
大変だったと思います。お疲れ様でした。
その番組制作・・・5/3に放送されるのですね。
その日はダンディーが出ていたらそれどころじゃなかった(ゴメン!)けど、5/6へまわったので見れるかなと思います。
きちゃもんさんも出てるって?
すぐ分かるのかな~(笑)
皆さんもどうぞご覧になってくださいませ
たあくん
2009年05月01日 20:42
なんか前向き。
まっきー
2009年05月01日 21:27
たあくん、こんばんは。
あは、前向きだと思います?
一から始めるのは不安ですけど、ネガティブになってもしょうがないんで前をしっかり見ようと思います。
今日がダメなら明日があるさってね。