仕事だって山あり谷ありさ

ちょうど1ヶ月前に会社の後輩(以後、彼女と呼びます)について書いた記事『私が出したひとつの結論』の最終章となります。


簡単におさらいしますと、昨年から彼女は人間関係、仕事、孤独といった不安から自信喪失状態でした。

私ははじめ彼女の悩みを安易に考えていました。

彼女がいつも笑顔だったから深刻だとは気付かなかったのです。

そして今年に入り問題が起こってしまった。

職場で喧嘩し彼女は孤立してしまったのです。

同僚や上司は見て見ぬふり。

相談できるのは私だけだという。

初めは彼女の話を聞き、慰めたり励ましたりしていました。

だけど、どうもそれだけでは足りなかったようです。

会社に行けない状態、いわゆるプチ鬱状態になってしまった。

朝起きて鏡を見て化粧をしようとすると、私はなんて醜いんだろう。

そう思ってしまい、彼女は家を出ることができなくなってしまったという。

私に何ができるだろうか。

慰めも励ましも効果はなかった。

そして私は悩み考え、結論を出した。

なにもかも自信がないのならせめて仕事は自信を持って働いてほしい。

部署が違うため、彼女の上司と私の上司に説明して理解を得た。

彼女が私の部署に研修に来る日が決まり、私は資料の準備に取りかかった。

そして・・・当日は無事に来てくれるのだろうか。

そればかりが心配で就業時間ギリギリになってやってきた彼女。

まずはホッとした私。

彼女も自分なりにいろいろ資料を持ってきた。

その時に彼女のやる気を感じたし、自信を持ちたいという意気込みが伝わった。

私もそれに応えなければならないと強く思った。

私は心を鬼にして、厳しいことも言いつつ研修に取り組んだ。

雑談はランチの時に思いっきりしたので、彼女もこのときばかりは気が楽になったようだった。

午後も同じように研修に取り組みました。

私が長年務めてきたあらゆるノウハウを、たった一日で十分伝えることができたのだろうか。

いや、伝わったと信じたい。

彼女の力強い目を信じることにしたい。

彼女への個人授業、内容の濃い一日でした。

「目指すはまっきーさん!」なんて可愛いことを言ってくれる彼女。

「私のあとを継いでおくれ」そう言って肩をポンとたたく私。

そのあとは飲みに行ったのは言うまでもない(笑)


彼女は今まで仕事の一つ一つを理解せず、分からないまま流れ作業のようにこなしてきただけである。

この考えを改めれば、真剣に取り組んで身に付けてくれれば、間違いなく仕事に対して自信を持つことができるだろう。

優秀な派遣さんにだって馬鹿にされずに済むだろう。


仕事に対する誇り、ありますか。

自信を持って言えますか。


私のまわりの人もやはり何も考えず理解しようとせず、流れ作業のように仕事をする人が多い。

分からなければ人に聞けばいいや。
理解できないけど、まぁいいか。

そんな人が増えているような気がします。

聞くことは決して悪いことではないけれど、努力もしないで聞いてくる人っていうのはまた同じことを聞いてくるし、以前教えたことを伝えると教わっていないと大概そう言ってくるもんだ。


話はそれてしまいましたが、彼女は今ときどきメールで報告してくれる。

その上司からも彼女の現状について報告を受けた。

仕事を休むことなく、遅刻することなく会社に行けているようだ。

彼女から私の方は何事もないか、という気遣いのメールを見て
あぁ、これで彼女も大丈夫だろうと思った。

言葉は悪いがひとまず私はこれにて「御役御免」という感じだろう。

それに4月からリーダー(彼女が喧嘩した相手)に変わる上司が遥々四国からやってきて、体育会系の情熱のある方で職場の雰囲気が変わったらしい。

彼女に言わせれば、その上司と私は気が合うはずだと(^_^;

どうやら同じ匂いがします(笑) プ~ン、くっさ~。そっちじゃないってば

その方が彼女に付いて一生懸命教えているようです。

私が彼女の部署でしたかった改革をその上司がせっせと取り組んでいるらしい。

なんとも頼もしい。
ありがたいことです。

よかった、彼女に新たな味方ができて安心しています。

元気になった彼女をそっと見守っていようと思います。


私も長年働いていると新たな目標を見つけられないことがあります。

今回のことで今後の目標が決まりました。

彼女のような人を見つけたら、現状維持ではなく常に向上心を持って仕事に取り組んでもらうこと。

これを伝えていくのが私の役目かな。

そんな気がしてならないのです。


3度にわたって書いてきたこの記事を読んでくださった皆様へ。

励ましやアドバイスなど数多くのコメントを下さり感謝いたします。

皆様も山あり谷ありでしょうけど谷はずっと続かないということです。

考え方次第ではすぐに山が見えますよ。

昨年の今頃は私も谷底に向かってまっしぐらでした。
谷底に到着してしばし立ち止まり、考え方によって道は分かれるのです。

誰かの助けが来るまでジッとして死を待つか。

誰かに助けを求め谷を脱出できる方法を探り自力で登る道を見つけるか。

お陰様で私は後者を選び、今年は順調に山を登りつつあります。

地上に出たけど、私はどんどん山を登りまっせ~


また凹んだら皆様のご意見をいただき元気になりたいと思います。

本当にありがとうございましたm(_ _)m













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

けんちゃん
2008年04月10日 23:00
まっきーさん、こんばんわ!彼女良かったですね!慌てず焦らず頑張ってほしいですね。応援しています。すいません私の話ですが、工場長と話した結果、パートのおばさんは検品作業に自身がないからリラックスさせて仕事をやらせてくれと言われました。リラックスさせて仕事をやらすのは良いけど、おしゃべりが多くなって今でもミスが多いのにもっと多くなってしまいます。ミスがあれば言われるのは自分ですからね。難しいですね。あとよかれと思ってやった事が何で駄目なんだとか言っていたみたいです。私からすればやらなくてよい事をやられれば駄目なんです。それが問題でお客さんからクレームがきますから。ほんと難しいですね。出来る人を辞めさせ、出来ない人を止める。ほんと上司は何を考えているのやら。
まっきー
2008年04月10日 23:20
けんちゃん、こんばんわ!
話し合いお疲れ様でしたm(_ _)m
けんちゃんは特におとがめはなかったわけですね。それはよかった!
なるほど、パートさんは細かい作業が苦手なのかな。でも仕事にリラックスって・・・
そんな仕事があったら私もやってみたいなぁ。私の会社にもいますよ。おしゃべり好きのおじさんが。前の上司はその方に厳しく注意しましたけど今の上司は何も感じてないのでしょう。仕事のミス(同じミス)が多いので何かと注意するのは私の役目。相手側に迷惑がかかり何かと謝るのも私の役目。たまらんです。
けんちゃんの上司は人を見る目がないんでしょう。そんな上司はうんといますよ。うちにもいますから(笑)何を考えてるんだ?って思ってた昨年の私から今は放置に変えました。疲れますもん。
けんちゃんはけんちゃんの思ったとおりに行動すればいいと思います。そのパートさんには何を言っても無理かもしれませんね。だってやる気が感じられませんもの。おばさんだからしょうがないって済ませたくはないんですけどねぇ。
けんちゃん
2008年04月11日 21:32
まっきーさん、こんばんわ。私は馬鹿らしく思えて来たので、そのパートを好きにやらせることにしました。クレームが出ようが上の文でも書いたように出来る人を辞めさせ、出来ない人(上司のタイプ)を止める。これが上司の考えと気がついたので仕事を頑張り過ぎないようにいこうと思います。
相談にのっていただいてありがとうございました。
マタさん
2008年04月11日 21:35
まっきーさん、こんばんは。
谷あり、山なくまた谷…といった感じのマタさんです(笑)
よかったですね、一つの区切りがいい形でついたようで。この話はすべて拝見しましたが、上司も含め会社にはいろんな人がいるなと感じました。これは自分の前の会社でも経験のあることです。そんな中、まっきーさんの後輩の女の子が立ち直ってよかったですね。彼女はまっきーさんがいたから立ち直るきっかけができたんでしょうし、自分が困った時に頼りになる人がいるのは大きな財産です。彼女は恵まれない環境で苦しんだかもしれませんが、きっと後々この経験がいきるんじゃないでしょうか。
私も勉強させていただきました。
まっきー
2008年04月11日 21:49
けんちゃん、こんばんわ。
私もね、今年になってから彼女の件もそうだけど上司や会社自体に憤りを感じて「もう、やってられるかぁ!」って上司に言ったら「まっきーさんがそう思うなら私は止めません」だって。にゃろめ~(`Д´)
って思いましたが、そんな人の為に昨年は頑張っていたのかと思ったら馬鹿らしくなりましたよ。なので、もうこの人には期待しないって思ったら気が楽になりました。お陰で今はその上司と仕事以外で気軽に話せます(謎だ・・・)
けんちゃんも一生懸命頑張るタイプだと思います。とてもけんちゃんの思いが分かりますよ。そんな人の為に怒るのはもったいないですから、仕事は自分の為に頑張ってみたらどうでしょうか。ミスをしたらパートさんを大いに叱って、あとは知らんぷりでもいいと思います。
もっとうまく伝えられたらいいのですが・・・
頑張り方にも色々あるってことです。
また仕事のお話しましょうね!
お互い頑張りましょう!(^▽^)!
まっきー
2008年04月11日 22:00
マタさん、こんばんは。
マタさんは谷・・・そしてまた谷・・・ですか。
今が一番谷底かもしれませんが、人によってその長さは違います(私は半年です)が、きっと光は見えてきます!これ本当ですよ。私も3年大殺界でずっといいことないですけど、時折いいこともありました。
話は戻りますが、彼女にとって私が一つのきっかけになってくれたら幸いです。
しかも彼女には新しい上司が付き、これまた情熱のある頼りになる人らしいですから。大いに期待します。彼女は今まで本業務と兼務して私と同じ業務をこなしていましたが、兼務はなくなり私と同じ業務のみとなったようで嬉しそうでした(今さっきメールが来たんです!)
彼女はこれから山を上り続けるでしょう。
こう思うと本当に色々な上司の方がいらっしゃいますよね。経験上つくづく思いますよ。私も彼女のお陰でとてもいい勉強をさせていただきました。感謝ですね!
ふみたん
2008年04月12日 00:07
まっきーさん、こんばんは☆
どうやら後輩さんも軌道に乗ったようで、まっきーさんも一安心ですね☆会社で働いていると色々な事がありますが、人生会社が全てではないし、上司だって変わります。自分が自信を持って正しいと思った仕事をやっていけば、自ずと自分の力が付くし成長していくんですよね☆後輩さんも、これが転機になって成長していけるようになると良いですね☆
まっきー
2008年04月12日 00:22
ふみたんさん、こんばんは☆
お陰様で彼女も元気を取り戻し活発に仕事に励んでいるようです。元気になってくれて安心しています。
そうですね、人生会社だけではありません。最近私もそう思うようになりました。
彼女にもまわりに気ばかり使うのではなく、自分の思うがままにやってみたら何かが見えてくると思うし変わってくるはずです。これを機に成長していけるといいですよね☆

この記事へのトラックバック