働きマン~松方弘子の男スイッチ

またまた漫画がドラマ化された安野モヨコの『働きマン』ですが、私・・・読んだことがなかったんです。

安野モヨコというと私の中では『ハッピーマニア』が浮かんでくるくらい。
稲森いずみが主人公を演じたね。

『働きマン』がドラマ化されるとあって、あちこちで宣伝されるじゃないですか。
それで「おぉ!頑張る女の仕事の話かぁ」と関心を持ちました(単純)

画像


でも漫画の実写版って自分の中のイメージが強いから
ドラマを見て正直がっかりすることも少なくありません。

漫画もドラマも途中で脱落した『花盛りの君たちへ~イケメンパラダイス』
これにはまいった
ぜんぜん内容についていけませんでした。
漫画の方が断然よかったなぁと。
『山田太郎ものがたり』も同様で、漫画は面白いんだよね。
だけどドラマは・・・まぁいいや。

このドラマ『働きマン』も続くか分からないけどちょっと続けて見てみようかな。
主演は菅野美穂・・・元気があっていいんじゃないですかね。
あとは「働くとはどういうことか」というのが伝わってくるといいんだけど。

私の大好きなお仕事ドラマ『ハケンの品格』の仲間入りするかしらね。
さてさて、と。


ここからはドラマの内容ではなく、主人公の松方弘子について
ちょっと書いてみようと思う。

同じ働く女性として思うのは、仕事に対するバイタリティは凄まじいものがある。
生意気でズケズケものを言う気の強いわがまま女だが、仕事モードに入ると男スイッチが入るのである。
職場の後輩マユからは「働きマン」と呼ばれている。

解説しよう!

その働きマンに変身すると血中の男性ホルモンが増加して
通常の3倍の速さで仕事をするのだ。

たしかにこういうのは憧れる。
野性的な勘、仕事への情熱、誰の助けを求めず突き進む。
かっこいいといえばかっこいい。
その仕事への情熱を分けて欲しいくらいだ。
しかーし!ガサツだし女捨てちゃってるようなとこは感心しないなぁ。
って私もたいした違いはなかったりして


ていねいな仕事、真心のある仕事が必ずしも求められるわけじゃない。

2巻にそんなフレーズが出てくる「こだわりマン」という回の話がある。

私は、お客に対して適当に電話応対する部署によくケチをつけてしまう。
そんな応対するから苦情がだなぁ・・・と。
でもその部署は営業時間内に何件応対できるかノルマみたいなものがある。
そうだよな、その部署もある意味必死なんだよなぁ。
納得したくはないけど仕方がないことなのかもしれない。

そしてもう一つのフレーズがある。

回転を良くするために時間を短縮して
自分たちが余裕なくしてお店の空気もキリキリして
そんな場所でお客様が本当に癒せるとは思えないんです。


う~ん、これは理想と現実のギャップってやつ?
会社の組織にいる限り、自分の思うようにはいかない。
なかなか理想の職場ってないんだよねぇ。
そこが辛いところ。
私の今の職場も人員削減でキリキリした空気だよぅ(>_<)

私もよくそんな理想を掲げていたけど、今は不満を持ちながらも頑張るしかないと思っている。
自分ひとり頑張って一つ一つにエネルギーを注いでも報われないことが多い。
そんなときはどっと疲れが出るもんである。
それで「辞めようかなぁ」が口癖のようになってくる。
最近はその末期までいってしまったもんなぁ(笑)

だけど私は負けたくない、逃げたくない。
凹んだらとことん落ち込んで、そして空を眺め、また立ち上がればいいじゃないか。

会社に矛盾や憤りを感じるけれど自分を持って進めばいい。
フレーズのように理想を貫きたいなら同じように辞めて新しい道を進めばいい。
もちろん、他の選択枠もある。
弱い人だって大勢いる。
私はいつもその波にのまれそうになる。
逃げマンという話も2巻にあります)

選択は自由だ!

この漫画『働きマン』は自分と照らし合わせて考えさせられるほど
随所にリアルなフレーズがいっぱい詰まってます。
ちょっと自分が言われているみたいでドキッとしちゃうときもある。
自分を見つめ直すのにもいいかなぁ、なんて思ってます。

あなたはどの「○○マン」に当てはまりますか。


どうぞ、お試しあれ。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

よっぱらいぐま
2007年10月13日 08:43
まっきーさん おはようございます
“にくマン”か“ひマン”でしょうか(爆)
冗談はさておき、なんでしょうかねぇ
応援マンかなぁ?いろんな意味で(^_^;)



まっきー
2007年10月13日 18:58
よっぱらいぐまさん、こんばんは。
あはは(^▽^)って笑っちゃいけないよね。“にくマン”美味しそう!
そうですね、ぐまさんは“応援マン”かなぁ。
私は何にしようって考えてなかったわ。
人に聞いておいてねぇ(^_^;
意外と難しいものですね。

この記事へのトラックバック

  • 働きマン

    Excerpt: [10/10スタート]ドラマ「働きマン」菅野美穂 主演 Weblog: ドラマ 働きマン 最新情報 racked: 2007-10-13 03:39