花ざかりの君たちへ~男子寮へ突入!!

とうとう始まりました!「花君」の第1話見ましたよ~!
って初っ端から本当にありえない展開です。

まず冒頭で
『この作品はフィクションですので多少のことは多めに見てください』
だってさ。

副題に「イケメン♂パラダイス」と付いた時からこうなる予感はありましたよ(苦笑)

始まってすぐの登場人物たちのテンション高すぎ!!!
ありえないつーの!って花男のつくしのセリフを思わず言ってしまうくらい
ありえない学校なんですけど。

全国からイケメンだけを集めた学校なのだ。
全寮制で第一寮には格闘系、第二寮スポーツ系、第三寮は演劇系となっていて
イベントあるごとに校長(松田聖子)の意向で寮対決をするのである。

まずは芦屋瑞稀(堀北真希)の転校初日、通学路での出来事。
寮から学校までの30mの距離を出待ちの女子たちで花道が作られていた。
その中をイケメンたちがキャーキャー言われながら登校していきます。

そのイケメンたちをカメラマンの原秋葉(紺野まひる)がブロマイドなどにして
露店を開いて売りさばいている・・・
おいおい、これってありですかーーー

どうして瑞稀がわざわざアメリカからこの桜咲学園へ転校してきたのか。
憧れのハイジャンパー佐野泉(小栗旬)に逢うためである。
偶然にも同じクラスとなった瑞稀だが、泉以外は皆ハイテンション。
特に中津秀一(生田斗真)は学園では俊足で知られていたが
瑞稀はアメリカで記録を持つほど俊足だったから瑞稀をライバル視し始めた。

そんな中、校内マラソン大会が開催されようとしていたが
優勝するためにはどの寮も俊足の瑞稀が必要だった。

第一寮の寮長、天王寺(石垣 佑磨)と第三寮の寮長、オスカー・M・姫島(姜 暢雄)が激しく瑞稀を追い掛け回していた。
けっきょく瑞稀は佐野がいる第二寮へ入寮することとなった。

マラソン大会当日、瑞稀は何者かに鋭利な靴で足を踏まれ怪我を負ってしまう。
それでも瑞稀はハイジャンをやめてしまった佐野に宣言した
「オレが優勝したらもう一度飛んで欲しい」
の約束を守ろうと必死に走り抜く。
ラストスパートで瑞稀は崩れ落ちるように脱落し優勝は第一寮となったわけだが、そもそも瑞稀に怪我を負わせたのは第一寮の生徒だったのだ。
マラソン大会に不参加の佐野がトイレの中でその仕業を聞いていたのである。

倒れた瑞稀を抱える佐野は保健室へと向かう。
そこへは校医の梅田北斗(上川隆也)が待っていた。
そして瑞稀の事を見て「なーんでここに女の子がいるのかな」と瑞稀の正体がバレてしまうのである。

瑞稀、ピンチ~
とまぁ、こんな内容の第1話ですかね。


もうね、漫画とは別物と思って見てください。
頭からっぽにしてなーんにも考えないで見ていかないとついていけません。
もうこの際、内容なんてどうでもいい。
実際内容はバカバカしいからさ(ごめん!)
堀北真希ちゃんは可愛いです。
一生懸命男の子しています。
堀北ファンは必見ですね
イケメンを目の保養にと思って見ればきっと楽しいことでしょう

私的には第二寮の寮長、難波南役の水嶋ヒロくんのイケメンがお薦め。
ナンパな役で好きではないんだけどね、顔が好き
実際、15股なんてありえないし
あとは生田斗真くんだね。
かっこかわいいっていう感じです。
でも中津ってあんなにケンカ売るようなタイプじゃないんだけどね。
小栗旬くんは花男のときから好きですね。
彼に関しては今更言うまでもありません


原作(漫画)ファンの方々は少しショックでしょう
私は漫画を途中までしか読んでいませんからそんなに思い入れもないです。
でもまだ第1話ですからね、この先どうなっていくかもう少し見てみようかな。


余談ではありますが会社のイケメン支部長のNさんより
『山田太郎ものがたり』全14巻を薦められました。
ドカベンの山田太郎とは無関係です、って古いね・・・年齢バレちゃう(汗)
実はこれもTBSで7/6より放送開始です!
ちょこっと内容を・・・
成績学年トップでスポーツ万能のイケメンの正体は実は超貧乏
7人兄弟の長男で家計を切り盛りしている・・・といったお話。
そのイケメンの山田太郎役が嵐の二宮くんって・・・イケメンか!?
私の中では彼はイメージじゃないんだよね(二宮くんファンごめんよ~
とりあえずこちらも見てみたいと思います。

最近なんだか漫画のドラマ化ばっかりだねぇ。
良い作家さんがいなくなっちゃったのかしらね。
ま、視聴率取れるからってことだろうけど。



【過去ログ】漫画の「花君」のご紹介

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック