大学選手権準決勝~関東学院大vs大体大

ラグビーの第43回全国大学選手権は2日、東京・国立競技場で準決勝2試合があり、関東学院大の応援と早大vs京産大の観戦へ行ってきました。

大学選手権準決勝 【結果】

大阪体育大  ●3 - 34○ 関東学院大    国立
早稲田大   ○55 - 12● 京都産業大    国立

11時半に国立競技場付近の駐車場へ車を止め、競技場へ向かいました。

競技場内に入ってから、カメラを車に忘れたことに気付き
再入場ができないため諦めました(なにやってんだかねぇ)

ここ数年は関西勢の大学といえば同志社大くらいしか
国立で観ていなかったので、2校も準決勝にきたことは驚きです。
京産大の大畑選手(日本代表)の時は、関東が勝たせてもらいましたが
かなり前のことですよね。

そのせいでしょうか、席はガラガラです


1試合目は関東学院大の試合です。

毎年、関東の巨大横断幕をありがとうございます。
そして、ご苦労様です。

画像


始まってみて思ったこと。
東海大戦でFW勝負で行けば違っていたのに、と思っていたことが
今日ははじめからFWで攻めていましたね。

今日は関東のFWは元気一杯でした。
集散も大体大を上回っていました。

ラインアウトもよかったですし、現チームの出来としてはよかったと思います。

画像


ただ厳しいことを言えば、バックスのセンターが穴になってしまうような気がします。
特に高山選手は1年の時から出場していますけど
よくなってこないなぁ、と思いました。

もう少し前に出てキープしてくれるといいのですが・・・
器用さがないんでしょうかね。
後半も寝たままプレーし、シンビンを受けています。

こういうことは決勝ではやめてほしいですね

バックスは決定力がないのはセンターがすぐにパスを出してしまうから
ディフェンスが外に付いてしまい、中園選手はラインの外へ弾かれてしまう。

そうならないためにも、もう少し工夫し攻撃のバリエーションを増やさないと
早大には太刀打ちできませんね。

関東のディフェンスは素晴らしいですから、あとは攻撃と集中力を切らさないこと。

今日はほんと、FWの勝利といってもいいですね
決勝はもっとモールで押し込みたいですね。
FWは今日みたいな感じでお願いしたいです。

全体的に絶叫の場面がなかったのが残念です。
なんとかバックスが奮起してくれることを祈るばかりです。


2試合目は早大vs京産大でしたが、はじめから京産大のスクラムやタックルに
圧倒され、早大は受けに回ってしまいました。

前半の10分で先制したのは京産大でした。
今まで早大が先制されたことってあったのかしら?
と思うほど、驚きの先制でした。

早大がリズムを取り戻したのが前半25分頃のトライ。
この瞬間、京産大はもう厳しいなと感じました。

京産大は負けはしましたが、素晴らしい戦いをしたと思います。
早大に向かっていく気持ちが清々しかった。

この気持ちの戦いが関東にも必要なんですよね。
慶応戦、京産大戦を観戦してそう思いました。

早大はミスしてもすぐに自分たちを取り戻します。
攻撃のバリエーションも豊富です。
FWも走れます。

このチームに勝てるとは思えませんが、なんとか苦しめたいですね。
早大がリズムに乗る前に関東は先制したいところです。

関東は10年連続の決勝です。
これは素晴らしいことです。

なんとか意地を見せたいですよね。
そんな気持ちの入った試合を期待します。

決勝は1/13です。

また応援に国立競技場まで行きたいと思います。

頑張れ関東学院大




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック