夢中人 〜 my heart 〜

アクセスカウンタ

zoom RSS カンボジア旅行記〜アンコール・ワットB

<<   作成日時 : 2017/12/06 20:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

アンコールワット見学のつづきで最後は第三回廊です。



第三回廊と中央祠堂。
画像

連子窓も素敵です。
画像



神の領域といわれる第三回廊へ。
画像

70度の傾斜なのでこのままでは上れません。

別場所の人工の階段から上ります。
画像

それでも急なので手すりがないと上れません。
画像

一度に上れるのは100人まで。

高所恐怖症なので帰りの下りが心配です


ここが一番てっぺん。
画像


回りの景色。
画像


遠くに入ってきた西塔門が見えます。
画像


1周して上がってきた階段。
画像

下を見ずに後ろ向きに下りてきました

これにて第三回廊の見学終了。


第一回廊まで下りてきました。

第一回廊のレリーフは物語になっています。

その中で見学したのが東面南側です。
画像

画像

画像


神々と阿修羅が大蛇を引き合う乳海攪拌の物語が約50mにわたって描かれています。

中央にはヴィシュヌ神が指揮をとり、左側には92体の阿修羅が、右側には88体の神々が協力し合いながら大蛇ヴァースキの胴体を引っ張りながら海をかき回しています。
画像

五つ頭のヴァースキを引く阿修羅の王。

画像

ヴィシュヌ神の下には化身である巨大亀クールマ。

通常の神話には登場しないハヌマーン(孫悟空)が何故か右端に登場しています。
画像

アンコール・トムの南大門も乳海撹拌がモチーフとなっていましたね。


これで見学は終了。

東側よりアンコール・ワットを後にします。
画像



すると雲行きが怪しくなり、一気に雨が・・・

もう隠れる場所はなく急いで折りたたみ傘を出して濡れずに済みました。

すぐに車が来てくれたのでよかったです。


雨がひどくなり、夕日を見ることはできないとガイドさんに言われました。

一応、夕日の名所 プレ・ループ へ向かいました。

到着すると雨は止みました。


プレ・ループとは体をひっくり返すという意味があり、
火葬場だったといわれています。
画像

この階段がまた急勾配ですでに足がパンパンだったので上るのがきつかったです。
画像

私は這いつくばって上りましたよ(笑)

上ってビックリ!

日本の高校生が修学旅行できていたんです。
福岡県からでした。

上からの景色
画像


結局、きれいな夕日を見ることはできず。
画像


あの階段を下るのかぁと覗き込む。
画像

すると横目に高校生たちが別の階段から降りている姿を見つけました。

なんだ、ちゃんと手すりの階段があるじゃない!

私はちゃっかり高校生たちと一緒に下りてきました。



このあと日本人ご用達のお土産屋さんへ。

ここでも高校生たちと一緒に。


そして夕食会場でもあるアプサラショーを観るため移動。



しばらくして高校生たちがやってきました。

ツアーのルートって決まっているんでしょうね。


まずはバイキングで腹ごしらえ。
画像

ここもドリンク代は別料金となっています。

料理のお味は・・・・これ以上、言いますまい


アプサラショーが始まりました。


1時間で5部の構成となっています。


その一部から写真を少々。
画像

画像

画像

画像


ツアーの皆さんと和気藹々、楽しみました。


また1番にホテルに送ってもらい、21時にてツアー終了。

朝4時50分から9時までの長丁場でヘトヘトになりましたが
充実したツアーでした。



明日の朝も早いのですぐにお風呂に入って就寝。





つづく・・・・














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
仏塔は階段が急なところが多いですし、上がってから降りるときに怖くなるところも多いですね。自分もビビりながら降りてきたことがあります。

しかし、修学旅行でアンコールワットとは珍しいですね。いい経験にはなると思うけど、治安面とかを考えると引率する方も大変な気がします。自由行動なしなら大丈夫かもしれませんが。

現地発ツアーでもツアーの食事は個人的にはハズレのことが多いですね。大人数分を前もって用意してるので仕方ないのでしょうが。あと、飲み物代で利益を出すシステムなんでしょうが、自分のようにアルコールを飲まない客は飲み物を勧められても困ってしまいます。
Yuki
2017/12/07 07:33
Yukiさん、こちらにもありがとうございます。
日本でもお寺なんかは急な階段はないにしても階段が多いですよね。
ただでさえ上るのにヒーヒーなのに急な階段では怖さも加わって躊躇してしまいます。

そうなんですよ、このご時世にアンコールワットを修学旅行に選ぶ学校ってすごいですよね。
本当に驚きました。
自由行動はなさそうな気がしますが200人くらいいましたので団体で行動するのも大変ですよね。
観光というか見学はアンコールワット&トムくらいでしょうかね。
でもまさか夕日を見に来てるとは思いませんでしたけど(^_^;

今回のツアーはこれだけの長丁場で昼夜ともに食事が出てたしか40ドルほどだったかな(私は早割りで申し込んで35ドルほどでした)
今月はたしか値上がっていたように思います。
それでもコスパがかなり良いです。
ランチは美味しかったんですけど夜は団体を受け入れるのでそれなりになってしまうんでしょうね。
飲み物は意外と高かったです。
パブストリートで飲んだビールは1ドルなのにここでは4ドルでしたもの。
やはりこういうところで利益を出してるんですね。
アルコールがダメな人は困っちゃいますよね。
ソフトドリンクにしても4ドルとお高かったです。
まっきー
2017/12/07 09:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
カンボジア旅行記〜アンコール・ワットB 夢中人 〜 my heart 〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる